セラミドの働きとその効果について

高い保湿効果を持つといわれているセラミドは、スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物です。

もともと細胞膜に存在している成分と言われている為、外から補う事でより一層肌の表皮にまで届いて浸透する事が出来ます。
また単に浸透するだけではなく、細胞と細胞の間でスポンジのように水分や油分を溜め込んでとどめておく性質がある為、保湿として肌を潤すのに非常に高い効果が期待出来るのです。



この成分は体内にも存在しているものですが、その量は年齢を重ねるごとに減少傾向にあります。


また外の紫外線の影響で必要以上に肌が乾燥しやすい事なども、徐々に減っていく原因といえるでしょう。

このようにだんだんと少なくなるセラミドですが、外から補う場合に注意したいのがその種類です。どのような種類があるのかというと、人間の肌に存在するものと同じ構造をしていて、その特徴から見ても特に馴染みやすく効果的なのが、ヒト型セラミドと言われる成分です。
もう1つは動物などに存在するものであり、小麦などの植物からも作られている成分で、総称して非ヒト型セラミドと呼ばれています。

@niftyニュース選びであなたの手助けをします。

これらの2つのタイプは、人間の肌にとって保湿を高める有効な成分として補うとよいといえます。

しかしここで注意したいのが、中には石油の原料などの化学物質より合成されたというようなものも存在しており、名称としては類似セラミドと呼ばれています。



一見同じに思えてしまいますが、身体にとっては不要となる成分で出来ている為、出来れば使用しないのが望ましいといえるでしょう。

いくら保湿効果が高いといっても、粗悪な成分を肌へとつけるのはよくありませんから、しっかりと成分表を確認し、問題なく使用出来るのかを判断する事が大切です。